昨年度は,6月からの学校再開でしたが,令和3年度は4月から学校を始めることが出る見通しです。大変嬉しく思っています。しかし,宮城県の昨今の新型コロナウイルスの感染状況は,決して楽観できる状況ではありません。様々な対策を講じながら,今年度も学校教育の充実に尽力していく所存です。

 さて,令和3年度の小牛田小学校は,148年間の伝統を重んじながら教育活動に取り組んでまいりますが,今年度も昨年度から取り組んでいる「あいさつ+1運動」を子供たちに働き掛けていきたいと思っています。
 「あいさつ+1運動」とは,あいさつにもう一言添えることで「あなたの存在を認めています。」「あなたを大切に思っています。」という気持ちを伝える運動です。例えば,「〇〇さん,おはようございます。今日は,校外学習があるね。楽しみだね。」「〇〇さん,おはようございます。今日も素敵な笑顔ですね。」という感じです。子供にはちょっと難しい取組だと思っていますので,先ずは,我々教師が子供たちのロールモデルになれるように取り組んで欲しいと職員に話しています。各教室には,今年もポスターを掲示しています。それぞれの学年に応じて指導もしてもらってきました。
 今では,校長室の窓の外から、「校長先生,お仕事頑張って下さい。」「校長先生,今日もお仕事遅くまで頑張って下さい。」などと言ってくれる子供が増えてきました。ちょっと苦笑いもありますが、本当に嬉しく思っています。

 あいさつは,人との関わりの第一歩です。「あいさつ+1運動」で笑顔あふれる小牛田小学校にしていきたいと思っています。今後とも子供たちの健全育成の為,保護者や地域の皆さんと一緒に子供の成長を支えていきたいと考えています。どうぞ宜しくお願いいたします。

                     令和3年4月1日

              美里町立小牛田小学校長   小松 英明