5年生 校内研究授業

今日の2時間目,5年生で校内研究の授業が提供されました。
礼儀について考えました。
オーストラリアにお父さんの仕事の都合で移住した女の子が,現地の人の挨拶をされたのにびっくりして挨拶を返せなかった。
次に会ったときには,自分から挨拶をしたら気持ちがよかったというような資料を使って考えました。

5年生の子供たちは,先生の「挨拶にはどんな力があると思いますか。」という問いにたくさん考えを発表していました。
・人を笑顔にする。
・人を良い気持ちにさせる。
・心を歩かぴかにする。
・自然に話せるきっかけになる。
・コミュニケーションがとれるようになる。
・元気にする。
・幸せにする。
・今日一日を楽しくする。
・友達になるはじめの一歩になる。

自分を振り返る場面では,「自分は,今まで挨拶をするときにただ頭を下げるだけだったけど,挨拶で言葉を交わすことの大切さに気づいた。学校でも「あいさつ+1」をしているので,私もこれからやってみたい。」と話してくれる児童もいました。

たくさんの先生方に囲まれて,いつもと調子の違う感じの教室だったということでした。
頑張ってたね。

Follow me!